楽しい実験

最近、図書館で借りてきた「科学のなぞとき本」に嵌り中のMちゃん

小学校1年生~6年生まで、学年ごとの関心やレベルに合わせて、日常の「なぜ?」を科学の視点からの解説を含んだ物語本で、大人が読んでも面白い内容になっています(*´∀`*)

その中で、炙り出し遊びを利用したお絵かきトーストを試してみたいと言うので、昨日の朝食にやってみました♬

筆に含ませたレモン汁で何やらお絵かき・・・

ちょっと乾かす時間が短かったので浮き上がりが薄いのが残念だけど、こちら↓は、♡の形だそう

そしてこちらは、食パンマンを目指したお顔(笑)

なぞとき:レモンの酸がパンと反応して、水分を保ちにくく変えてしまうので、レモンを塗った部分だけ水分が少ない分早く焼ける

お絵かきしている脇から、Kくんも興味津々♬一緒にお絵かきしておりました(*´艸`*)

今度は塩の持つ冷凍パワーを利用した手作りアイスにも挑戦してみたいとのこと(*´∀`*)

こんな風に、日常の「なぜ?」に目を向けてみると、お勉強できることって山ほどあるのね!子供たちの興味を引き出してくれる本との出会いに感謝する母であります(o^―^o)